西宮市S様邸のお引渡し

今日は西宮市のS様邸のお引渡しでした。

西宮市でお引渡し
この時期にしては暖かく、良い天気の中、笑顔でお引渡しをさせて頂きました。
S様とは、里山住宅博の当社モデルハウス(売約済)にご見学のご予約を頂いたのが初めてで、それから2年以上が経ちました。
一生懸命、土地を探していらっしゃったのを知っていただけに条件の良い気に入った土地に巡り合われた時は、ひと安心し、私達も一緒になって喜びました。
奥様から昨日、大変嬉しいメールを頂戴しましたので、出会いからお引渡しまでの日々を改めて振り返り、感激しつつ今日の日を迎えました。

頂いたメールから一部抜粋させて頂きますが、
『主人がアレルギーを悪化させたり、私も科学的な臭いに敏感だったので安全な家がいいなぁとふわっと考え始めたころに里山でオーブルさんの家に出会いました。
あのお家に入ったときの清々しい空気、肌にやさしく沿うようなインテリアを今でも覚えています。
暮らしを豊かにする家とはこういうものなんだ、と感動しました。
もう里山のお家に住みたくてしょうがなかったのですが、現実的に遠かったので、泣く泣くあきらめてから無垢板や自然系の住宅を勉強し、1年以上かかりましたが良い土地を見つけることができました。』
と書かれてあり、里山住宅博の家も真剣に考えて下さったのだなぁと大変嬉しく、また里山住宅博でS様と出会えた事を本当に幸せに思いました。
そして、『私たちにはもったいないくらいの素晴らしい家、大事に大事に暮らしていきたいと思っています。』と締めくくられていました。

完成したお家は施主様の雰囲気にぴったりで、穏やかな和の趣も感じさせるシンプルで優美なお家に仕上がりました。
愛情を持って住んで下さる事で、家もさらに素敵に成長していくと思っています。


完成内覧会に向けてディプレイをさせて頂いたのは辺りが暗くなってからだったので、照明の感じも確認ができました。
昼間の、南の窓から差し込む光が動いていく光景も良かったですが、夜は間接照明の灯りでぐんと落ち着いた雰囲気になりました。(写真は部分的に点灯していますが、本棚の下やソファーの上にも間接照明を計画しており、全照明を点けるとフワッととても明るいのです!)
眩しい光はちょっと苦手で…と言われていたので、照明プランも光源が直接目に入らない穏やかなあかりで計画しました。

和室の間接照明
四畳半の和室は、香りも清々しいヒノキの板張り天井です。
奥様がとても気に入って下さった竹の一輪挿しが照らされた漆喰の塗り壁に一際映えています。

こういった内覧会のディスプレイを私達にご依頼頂く上で、楽しみの一つとして待っていて下さっていたようで、実物をご覧頂き大変喜んで下さった事も素晴らしい思い出となりました。

S様には両家のご両親共、いつも何かとお心遣いを頂き、引き渡しの際も心のこもったお言葉と素敵な記念品までご用意下さって本当にありがとうございました。
すぐにお引越しもされるという事で、寒い季節ですので、お体にはくれぐれもお気を付けください。
これから長いお付き合いが始まりますが、どうぞよろしくお願い致します。

また里山住宅博はまだ販売中のモデルハウスもありますので、ご興味がおありの方は、各会社に直接お問い合わせ下さい♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする