書斎コーナーとステンドグラス

西宮市のS様邸では造作工事も大詰めです。

書斎コーナー
先日ご紹介した2階の書斎コーナーのカウンターが施工されました。
決して広いスペースではないのですが、上質なオークのカウンターと正面の木製サッシと使いやすそうな本棚は理想的な書斎コーナーだと思います。
こもった感じのスペースは落ち着いて過ごすことができるのではないでしょうか?

アンティークステンドグラス
玄関入って正面の壁には幅広のアンティークのステンドグラスを埋め込んでいます。
光が入り、視線が抜けることで広がりも感じる玄関に。
アンティークのステンドグラスは一点物の為、サイズとデザインは合うものを選んでご提案していますが、良い感じに納まりました。

R(アール)の垂れ壁
ダイニングから洗面台やトイレへの入口となる壁に木製のR(アール)の垂れ壁を施工しています。
塗装を行い、漆喰の壁が仕上がるとアールの枠がくっきりとして存在感が増します。
木製にすることで、角部分の欠けが出にくく、傷が付いても補修がしやすいと言った利点もあります。(その分、コストは掛かりますが・・)

外壁仕上げ
外部では外壁の吹付け仕上げを行いました。
無機質系の天然石粉を主成分とした材料の為、退色などの心配がなく、汚れやカビにも強い仕上げ材を使用しています。

外部では雨樋の取付けを行って、足場をいよいよ来週には外す予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする