神戸市垂水区で完成内覧会

神戸市垂水区のA様邸では工事がほぼ終わりました。

木製カウンター収納
床のオークヘリンボーンフロアのオイル塗装も終わり、深みのある色合いになりました。
キッチン背面の収納からつながる床下エアコンの木製ルーバーとオーク材のカウンターは一体感のある仕上がりに。
右横の掃き出し窓からは木々の緑と明石海峡大橋を望むことが出来る環境にあり、羨ましい限りです。

モールディング仕上げ
先日ご紹介したデザインガラス入りのガラス枠の下に木製モールディングで装飾した腰壁も仕上がっています。
玄関入ってすぐにある為、本来は目立つ場所なのですが、掃き出し窓からの景色やデザインガラス越しの景色に目を奪われて、意外と見落としてしまうかもしれません。
欧米ではよく使われるモールディング装飾壁も空間のアクセントとして見ごたえがあります。

木製造作洗面台
木製の造作洗面台も仕上がりました。
鏡もオーク材を使った枠で造作して、照明器具やシャワー水栓、真鍮のタオル掛けなど造作ならではの仕上がりとなっています。
洗面台の上にはハイサイドライトと呼ばれる高い位置にFIX窓を設けました。
この窓からの光はとても明るく、昼間は電気を点けなくてもお化粧などができます。

オークパーケットフロア
2階ホールの床に貼っていたオークのパーケットフロアも仕上がっています。
ひと昔前によく使われていた合板のパーケットフロアとは違い、1枚1枚無垢材を組み合わせたものです。
合板の場合、表面の薄いシートのような単板がボロボロになってしまい、下の合板が見えてきて、汚くなるイメージがあります。
その点、無垢材を使っていますので、表面が剥がれる心配もなく、将来に渡って、経年変化を楽しんで頂けます。

またシンプルなアイアンの手摺も付きましたが、強度を確保しながら、極力細い仕上げとしています。
それはこのホールからの景色を存分に楽しむ為でもあります。
ホールからの景色を見ていると時間が経つのも忘れてぼーっとしてしまいそうになります。

そんなA様邸でも施主様のご厚意で完成内覧会を開催させて頂きます。
ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にお越し下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする