木製造作キッチンと洗面化粧台

神戸市垂水区のA様邸では内装工事が進んでいます。

木製造作キッチン
キッチンは木製の造作キッチンですが、造作家具の職人さんが工場で製作したものを据え付けていきますが、現場で微調整や少し加工を行います。
シンクの下をオープンとしたり、壁の間にぴったりと納めることが出来るので、造作することが多いです。

木製造作洗面台
洗面化粧台も同じく木製の造作洗面台で計画しています。

どちらも木の扉部分には水をはじくオイル塗装を行っていますが、その効果が弱くなると上から塗装をすることができます。
木ならではの経年変化がある為、そんな変化を楽しみたい方にはお薦めです。
将来、汚れが気になった時には好きな色で塗装をして雰囲気を変えることもできます。

壁紙塗装A
お盆休みの間にクロス屋さんが壁紙の施工を進めてくれていたので、壁や天井の紙クロスも貼り終わりました。
その後、塗装屋さんが水性塗料を塗っています。
臭いがほとんどしない塗料を使っている為、ビニルクロスのような新築の臭いがしないですが、木の香りがするとよく言われます。
塗装が終わると左官屋さんが壁に漆喰を塗っていく予定です。

足場解体
外部では仮設足場が外れました。
板張りと淡い色合いの吹付け部分の仕上げが良いコントラストになっています。

外部では配管をつないだり、基礎の仕上げを行っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする