腰壁の板張りとモールディング壁

神戸市垂水区のA様邸では大工さんの造作工事がほぼ終わりました。

モールディング腰壁
玄関ホールからつながる通路部分には腰壁部分に板張りと装飾のあるモールディングでパネルのように仕上げています。
パネルの大きさやモールディングの寸法など、細かい部分を検証した上で大工さんと打合せを行って、作ってもらいました。
腰壁の上にはガラス枠が入り、ガラス越しにリビング、外の景色も楽しめるフォーカルポイントになります。
この腰壁には塗装を施して、色が変わることでまた違ったイメージに仕上がる予定です。

腰壁の板張り
キッチンの横の腰壁にはオークの突き板を張っています。
この板は少し特殊なものを使うことで、木目が均一でない仕上げで、より自然な板目となっています。
オイル塗装を行うことで美しい木目が鮮明に出て、汚れも付きにくくなります。
また、同じ板材でキッチンとキッチン背面の収納の扉、さらにはキッチンの対面の扉まで仕上げることで、一体感のある上質な空間になります。

キッチン背面カウンター収納
キッチンの背面もカウンターと収納を造作しています。
写真の右側には床下エアコンとデスクとなるカウンターを伸ばしている為、家事や勉強コーナーとしても使えるスペースになっています。
収納の内部は打合せを行った内容で、高さを変えることが出来る棚板を必要な枚数設置して、すっきりとしながらも使いやすい収納としています。

内部では引き続き、木部の塗装工事を行っています。

モルタル中塗り
外部では左官屋さんが2回目のモルタル塗りを行いました。
この上からさらにシゴキ塗りと言った薄塗りを行って、表面をより平滑に仕上げています。

この後、養生を行ってしっかりと乾かしてから仕上げを行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする