外壁の板貼りとスケルトン階段

神戸市垂水区のA様邸では大工さんの造作工事が進んでいます。

外壁の板貼り
外壁は一部を板貼りとしていますが、この板は大工さんが貼っています。
レッドウッドの板材を縦貼りしていますが、こげ茶色のオイル塗装を塗ることで落ち着いた雰囲気に仕上がりました。

スケルトン階段
内部ではスケルトン階段の造作も行っています。
力桁と呼ばれる階段板を受ける骨組みとなる部分はアイアンで現場に合わせて製作しています。
木で造る場合もありますが、少し分厚くなる為、よりすっきりとした印象にする場合はアイアンを使います。
ただ、木製の力桁に比べてコストはアップする為、費用面も含めてご相談となります。

A様邸では1段目が踊り場で上は廻り階段となっている為、直階段に比べるとかなり難易度が高いですが、無事に納まりました。
階段の段板はまだ仮の板をのせていまが、最終的にはアイアンの手摺が入ることで空間のアクセントにもなります。

オークのカウンター
オーク材を使った造作のカウンターも施工が終わり、収納なども順調に作業を行っています。
普段、最も目につき、手で触れることが多いカウンターにはできる限り、オークの無垢材を使った板を使用しています。
その手触りや目に入った時に何か良い感じがすると言った印象は日々の暮らしの中で思った以上に大きく、それが繰り返し起こることを考えるとその値打ちは計り知れないと思っています。
もちろんコストは掛かりますが、シミや傷が付いても無垢ならではの愛着が湧くと考えているので、上質な材をカウンターに使っています。

下地ボード貼り
天井や壁の下地ボードもあと少しとなり、窓枠や建具の枠も取り付けを行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする