外装下地工事と断熱工事

神戸市垂水区のA様邸では外装下地工事が進んでいます。

ガルバリウム鋼板葺き
屋根には防錆効果を高めたガルバリウム鋼板(SGL鋼板)を葺いています。
耐久性も高く、もともと軽量化と防水性は抜群の素材でコストパフォーマンスが高い為、現在最も採用されている屋根材です。

防水シート
外壁の防水シートも下地が出来次第、貼り終えました。
梅雨の時期でしたが、幸いにも雨が降らない日が数日あった為、その間に外部の防水を終えることができました。
そこでピンポイントで職人さんに入ってもらえるように普段から段取りよく、手配を行っていることを現場管理では心がけています。

ラス貼り
防水シートを貼ってから通気胴縁の施工を行い、続けて軒天を貼ってから通気ラス(金網)を貼っています。
この通気ラスもより耐久性の高いZAM鋼板という通常のメッキラスに比べて4倍も耐腐食性のある金網を使っています。
見えない部分ですが、良い物を使うことでモルタルが割れにくく、より耐久性のある外壁になります。
合わせて、構造体が長持ちするように外壁の仕上げと下地の間に空気を通す為の空間を作り、下から上に暖まった空気が壁の中の湿気と一緒に軒や屋根から抜けていくように細かい部材の取付けも行っています。

グラスウール断熱
防水ができると内部ではグラスウール断熱の施工を行いました。
柱と柱の間に隙間なく高密度なグラスウールを施工することで、壁の中で自立してずり落ちることもないです。

気密シート
グラスウール断熱材を施工し終えてから気密シートを貼りました。
気密シートが透明になった為、写真ではわかり難いですが、壁と天井に隙間なく気密シートを貼る事で、高い気密性を確保します。

現場では続けて床のフローリングを貼っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする