化粧梁と木のドア

篠山市のU様邸では大工さんの造作工事が大詰めです。

化粧梁
リビングの天井は勾配になっていて、その部分に化粧梁を設けています。
節がほとんどない良い材を選定してくれたようで、上質な仕上がりになりそうです。

木のドア
木のドアは取付けも終わっていましたが、これから塗装を行うことで雰囲気も変わります。
最近、木を模倣してパッと見は本物の木と区別がつかないくらいの物がありますが、私達のように普段から木を見慣れているとよく見ればわかります。
そこまで似せるなら、本物の木を使えば良いのにと思うのは私だけでしょうか・・

すのこ中段
こちらはウォークインクローゼットに設けた中段と枕棚です。
中段は木のすのこになっていて、間が空いているので、空気が抜けます。
布団などを仕舞った時に通気性が少しでも確保できるので、中段を設ける時にはいつも使っているものです。
他の棚や仕切りなども木を使っています。

モルタル下地
外壁はラスの施工後、モルタルの下地も完了しています。
養生して乾かした後、仕上げを行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする