加古川市H様邸の土台敷き

加古川市のH様邸では基礎工事が完了して、配管工事、土台敷きの作業も行いました。


土間のコンクリート施工後、立上りの型枠を組んで、コンクリートを施工しました。

基礎完了
その後、養生期間をあけて、固まってから型枠を外しています。
掃除や玄関部分のかさ上げ部分の土間のコンクリートや整地を行い、基礎工事も完了しました。

外部配管
その後、外部の配管や床下部分のヘッダー配管を先行して行うことで、あとの作業がスムーズに進みます。

土台敷き
今日から大工さんが現場に入って、土台敷きを行っています。
土台は基礎の立上り部分の上に外周部は気密用のパッキンを、屋内側は通気用の基礎パッキンと使い分けています。
土台をアンカーで緊結する為の穴を開けると桧の良い香りが漂います。

土台敷き完了
一つ一つアンカーを留め付けていき、大引きや受け材を組んでいくと、このように綺麗な井桁状になります。
この上から床下地板を貼っていき、上棟時の材料を搬入し、外部の足場を組めば、上棟準備が完了です。

あとは今週末の上棟日に天気が良いことを祈るばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする