花開く

春らしい気候になって、自宅の庭も花が次々と咲いています。

ジンチョウゲ
こちらは先月の中頃に咲いていたジンチョウゲの花です。
まだ小ぶりですが、良い香りを放ち、春の訪れを知らせてくれました。
ジンチョウゲは成長が遅く、成長しても2m程度までで、虫も付きにくいなど住宅の庭では扱いやすい為、お薦めできる常緑樹になります。

クリスマスローズ
クリスマスローズも順番に花が咲いています。
これも扱いやすいですが、あまり日が当たり過ぎない方が良いです。
下を向いていますが、花の色や形など種類が豊富なので、何種類か植えておくと花を活けて家の中でも楽しめます。
写真では少しわかりにくいですが、グランドカバーで植えているベロニカの一種であるオックスフォードブルーの花も足元に咲いています。
これもかなり良い感じで冬も緑を保ち、徐々に広がるので、雑草除けとしてもお薦めです。

クレマチス
最後は板塀やパーゴラに這わせている常緑つる性のクレマチス・アーマンディの花も満開になりました。
桜が満開の時期に重なりますが、家で楽しみながら目隠しとしても活躍します。

今回ご紹介したものは全て常緑ですが、もちろん落葉樹もあり、新芽が出てきました。
春になって、順番に花が咲く庭は家から眺めて癒され、庭で手入れをするのも楽しいものです。
忙しい中だからこそ、庭の草木で潤いを得ることができる有難さを感じます。
極力、手をかけずに楽しめる草木や果樹を選定している為、何とか維持できそうです。

また、次回は他の花をご紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする