加古川市H様邸の配筋検査

加古川市のH様邸では基礎工事が始まり、基礎の配筋検査がありました。

砕石転圧
基礎の外周部を中心に掘り下げて、締め固めを行い、さらに砕石を敷いた後、もう一度締め固めました。

捨てコンクリート
その上から防湿シートを敷いて、捨てコンクリートを全面に施工しています。

配筋
基礎の位置や立上りの位置を正確に墨出しを行い、鉄筋を組みました。
配筋検査
鉄筋を並べて結束していき、その太さや間隔など細かい部分の注意ポイントなどを確認してもらう配筋検査を第三者の検査機関に行って頂きました。
指摘箇所がありましたが、その場で修正を行って合格となりました。

私の方でも検査では確認しないような細かい部分の指摘を行い、職人さんに修正とコンクリート施工時に注意して頂くようにしています。

この後、土間のコンクリートに続けて立上りの型枠やコンクリートの施工を行っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする