階段造作

神戸市垂水区のKY様邸では大工さんの造作工事が進んでいます。

階段造作
階段の造作を行っていますが、階段の上り口部分に木の手摺が入ります。
その部分の細かい納まりについて、現場で打ち合わせを行い、良い感じに納めてもらえそうです。
かなり印象的な手摺で空間のアクセントにもなる為、仕上がりが楽しみです。
階段の段板には無垢のタモ材を使っていて、基本的に大工さんが造作を行っているので、すっきりとした仕上がりになります。


壁や天井の石膏ボードも順番に貼っています。
とりあえず、造作のからまない大きな面を貼り終えるとかなり進んだ感じがします。
これから造作収納などを本格的に進めていく為に細かい部分の確認も行ってきました。


外部では先週には1回目のモルタル塗りも終わり、来週には2回目のモルタル塗りを行っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする