神戸市垂水区T様邸の配筋検査

神戸市垂水区のT様邸は先月に地盤改良工事を行い、今月から基礎工事が始まっています。

地盤改良杭
地盤改良は既存の擁壁に負担を掛けない為に鋼管杭で施工しています。
この鋼管杭を施工する為に重機が必要でしたが、敷地と道路の高低差がある為、少し大きなレッカー車で重機を吊り上げていました。

基礎着工
基礎工事は掘削から始まったのですが、この掘削を行う重機もレッカーで吊り上げて、さらに土の搬出も下のトラックに慎重に積み込む必要があります。
やはり高低差のある敷地は難しい施工が増えます。

基礎配筋
掘削が終わり、砕石を敷いて、締め固めてから捨てコンクリートの施工と工事が進んでいき、捨てコンクリートに建物の位置を墨出ししてから基礎の鉄筋を組みました。

配筋検査
鉄筋を配って組むことを配筋と言いますが、配筋が終わると第三者の方に配筋検査を行って頂きました。
検査では特に問題ありませんでしたが、こちらでもチェックを行い、一部補強の必要な部分に鉄筋を足して頂きました。

配筋検査が無事に完了した後、土間部分のコンクリート施工を行いました。
これから立上りの型枠を組んで、コンクリートを施工する予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする