トイレ手洗いとタイルの装飾

神戸市灘区のTA様邸では外壁の仕上げが終わりました。

外壁仕上げ
暗いのでわかり難いですが、淡い色合いの無機質系塗材を吹付けた仕上げです。
無機質な天然石粉を基材が使われている為、耐候性があり、汚れも付きにくく、耐久性も高い素材を使用しています。

樋の取付けも終わり、来週には足場を外す予定です。

トイレ手洗い
内部では大工さんの造作もほぼ終わりました。
こちらはトイレの中に設けた手洗いになりますが、将来に備えてバリアフリーになるカウンター一体型のボウルです。
通常は扉などが付かないオープンな仕様ですが、そこは大工さんの造作で仕切りを設置して、扉も取り付けることが出来るようにしています。

バリアフリーだから機能性だけを重視するのではなく、見た目も綺麗に納める事で、気持ちよく住んで頂けるのではないかと思います。

木部塗装
大工さんの作業が終わると塗装屋さんが木部の塗装を行っています。
こちらは先日、ご紹介した腰壁の板貼り部分ですが、落ち着いた色合いの自然塗料で塗装しています。
想像通り、木目の雰囲気が残った良い色合いに仕上がっています。

タイルの装飾
こちらはTA様がチュニジアで購入されたデザイン画のタイルになりますが、周りをモールディングの枠で装飾しています。
他にも少し大きなタイルを壁に貼っていて、絵画のような存在になっています。
モールディング部分も塗装されることでさらに良い雰囲気に仕上がりそうです。

木部の塗装が終わると壁紙を貼っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする