神戸市垂水区KY様邸の上棟

今日は神戸市垂水区のKY様邸で上棟でした。

上棟1
朝、1階の柱を立てるところから作業が始まりました。

上棟2
上棟3
2階の床を支える梁を組んでいき、柱の垂直を直して仮の筋違いを留め付けて、その上に床下地板を貼っていきます。

上棟4
上棟5
2階の柱を立てていき、屋根を支える小屋梁を組み終えると、屋根の形状に合わせて加工された小屋束や母屋を組んでいき、棟木を入れます。

上棟6
昼前には棟木が上がり、金物の取付けや、屋根の下地となる材料の荷揚げを行いました。

上棟7
昼からは垂木と呼ばれる野地板の骨組みとなる桟を取り付けて、その上から野地板を留めていきました。
壁の構造用面材も仮にですが、留め付けるところまでほぼ終わりました。

上棟8
最後はブルーシートで養生して、今日の作業は終了です。

上棟式
作業のあと、上棟式も執り行わせて頂きました。

今日は晴れ間は朝のうちだけでしたが、1日雨が降る事もなく、風もほとんどなかったので、とても運がよかったです。
大工さん達は寒さを吹き飛ばすように機敏な動きで手際よく作業を行ってくれました。
今日も1日、本当にお疲れさまでした。

KY様はお休みを取って、何度も現場に足を運んで下さり、いろいろとお心遣いや差し入れなどをして下さいました。
『休みを取って、見に来て良かったです。』とおっしゃって下さったのが何よりでした。
御挨拶の中でいろいろな経緯があって、家づくりを決意された思いがよくわかりました。
私達も真剣に良いお家になるように取り組んでいきたいと決意を新たにしました。

KY様、今日は本当にいろいろとお気遣い頂きまして、ありがとうございました。
これからは少しずつですが、作業が進んでいきますので、その過程も楽しんで頂ければと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする