焼杉板貼り

篠山市のU様邸では倉庫棟の外壁に焼杉板を貼っています。

焼杉板貼り
素焼きの状態の焼杉板を貼っている為、炭が付きます。
ですが、昔から使われている外壁材でその耐久性は実証済みです。
中には30年以上ノーメンテナンスでも持っていて、もし痛んでもその部分だけを取り替えることができ、廃棄処分にも困らない為、とてもエコな素材と言えます。

他にもコストは掛かりますが、耐久性のある木材を使用することで同じように耐久性を発揮できる木材の板貼り仕上げもある為、デザインやコストでご提案内容を変えています。

防水シート
住居棟の外壁には付加断熱部分の断熱材を施工したところから透湿防水シートを施工しています。
外部に面した断熱になる為、断熱材を濡らさない為にもすぐに防水シートを貼っています。

窓枠
付加断熱を行うことで壁の厚みが増して窓枠の奥行きが、すごいことに。
まるで出窓のような窓枠ですが、窓辺に飾り付けをしたり、ブラインドやロールスクリーンなどを窓枠の中に納めることが出来ます。

構造の金物なども取り付けがほぼ終わり、近日検査を行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする