神戸市垂水区KY様邸の配筋検査

神戸市垂水区のKY様邸では先週から基礎工事が始まり、今日は配筋検査がありました。

基礎着工
まずは全体に高さを調整する為に掘削を行い、外周部と地中梁部分はより深く掘っていきました。
そのあと転圧を行い、砕石を敷いて、もう一度転圧を行っています。

配筋検査
その上から防湿シートを敷いて、捨てコンクリートの施工を行って、墨出しと言う基礎の位置を正確に測って文字通り墨で印を付けていきます。
その墨の位置に従って、鉄筋を並べて組み、結束しました。
鉄筋が組み終わったところで、瑕疵保険の配筋検査を行い、さらにこちらでもチェックを行いました。
もちろん問題なく合格でしたが、図面の表記上は問題ないのですが、1ヵ所こちらで気になるところがあった為、補強してもらいました。

この後、ベースのコンクリートを施工して、続けて立上りの型枠を組み、コンクリートへと作業が進んでいきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする