グラスウール断熱とオークフローリング

神戸市灘区のTA様邸では断熱の施工が終わり、床のオークフローリングを貼っています。

グラスウール断熱T
壁には高性能グラスウールの密度が高く、より性能のある断熱材を使用しています。
自立するようなしっかりとした断熱材を柱の間に隙間なく丁寧に入れることで始めて数値通りの性能が発揮されます。

気密シート
その断熱材の上から気密シートを貼っていますが、このシートを連続させて、しっかりと気密性能を確保することで、壁の中に室内の湿気を入れないようにします。
この断熱性と気密性が確保されることで、初めて本当に断熱性能が発揮されることになります。

いくら断熱材に良いものを使っても気密施工が悪く隙間だらけだと、寒くなるのは当然です。
例えると魔法瓶にお湯を入れても蓋を閉めておかないと冷めてしまうのと似ています。
逆に、気密性が高くても断熱性が低いとやはり熱は逃げてしまいます。
ビニル袋に温いお湯を入れても冷めていくのと似ています。
という事で、断熱性を高めるには設計と現場での丁寧な施工が絶対に必要だと言う事は断言できます。

オークフローリング
断熱施工が終わると床にオークの幅広フローリングを貼っていきます。
オークでも節が少なく落ち着いた色合いの物を選んでいる為、全体に品のある仕上がりになります。
玄関ホールにはオークのヘリンボーン貼りとすることで、また変化のある仕上がりとなる予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする