播磨町Ku様邸の内装工事

播磨町のKu様邸では外部の足場が外れました。

焼杉板貼り
外壁の焼杉板が映える外観となりました。
木製玄関ドアと樹脂サッシの窓がアクセントとなって、なかなか渋い感じです。

家の内部では内装工事が進んでいます。

紙クロス貼り
クロス屋さんは紙クロスを慣れた手つきで貼っていきます。
あくまで下地用のクロスなので、表面に塗装をするのですが、このまま仕上げでもおかしくない仕上がりです。

タイル貼り
キッチンの背面や2階に設置する手洗いの前にはタイルを貼っています。
濃い色合いですが、表面にムラのある独特の雰囲気は写真では伝わりません。

先日の完成内覧会でも何人かの方からお聞きしましたが、実際に見ないと絶対にわからないと思います。
特に素材の質感や家の動線についてはイメージしながらご見学頂くのが一番かと。

現場では壁紙の上から塗装を行い、その後、壁に漆喰を塗っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする