神戸市灘区TA様邸上棟式

神戸市灘区のTA様邸で先日、棟上げ作業を行いました。

棟上げ1
あいにく、小雨のぱらつく中でしたが、午前中は曇りの時間が長かったのが救いでした。
朝、1階の柱を立て始めるところから、作業が開始されました。

棟上げ2
柱の上に横方向の梁を組んでいき、しっかりとした床の骨組みを行います。
井桁に組むことで水平方向により強い面を構成することができます。

棟上げ3
その後、床の下地板を貼り、2階の柱を立てて、屋根を支える小屋梁を組んでいき、小屋束を立てていきます。

棟上げ4
小屋束の上に横方向に母屋と呼ばれる材を組んでいき、一番高い位置にある棟木も昼前には納めることができました。
無事に棟も上がりましたが、屋根の下地まで作業を進めていきます。

棟上げ5
野地板を支える為の垂木と呼ばれる桟を留めていきますが、等間隔で入った様子は美しく見えます。

棟上げ6
垂木の上から野地板を貼っていき、棟上げ作業は完了です。
小雨の降る中、大工さん達はいつも以上に神経を使いながらの作業で大変だったと思いますが、無事に予定通り、作業を行ってくれました。

上棟式
そして日を改めた今日、上棟式を行わせて頂きました。
棟部分には幣串と地鎮祭の時にお預かり頂いたお札を上げて、家内安全を祈念します。

TA様にはいろいろとお気遣い頂きまして、本当にありがとうございました。
また、上棟おめでとうございます。
これからも無事に工事を行っていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする