篠山市U様邸の配筋検査

篠山市のU様邸では基礎工事が始まり、今日は配筋検査を行いました。


基礎工事に先立って建物の位置を確認していましたが、広い敷地の周りもほぼ遮るものがありません。

配筋
掘削から始まり砕石、捨てコンクリートの施工の後、鉄筋を組んでいます。
鉄筋が図面通りに組めているか確認を行い、また図面では指示できない細かい部分について指摘を行っています。

配筋検査
瑕疵保険の検査も行われましたが、特に問題はありませんでした。
それ以上に細かいチェックを施工会社さんと行っていますので、当然といえば当然なのですが。
構造の大事な部分なので、見落としが無いように2重のチェックを行う意味はあると思います。

倉庫棟配筋
U様邸では住居棟とは別の倉庫棟があります。
こちらも鉄筋については住宅並みの配筋を行っていますが、並行して作業を行っている為、一緒に確認しました。
この後、土間部分と立ち上がり部分のコンクリートを施工していきます。

これから年末に掛かる為、先に倉庫棟の棟上げを行い、年明けに住居棟の棟上げを行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする