播磨町Ku様邸断熱施工

播磨町のKu様邸では外部の防水シートを貼り終えて、軒裏の板貼りも終わりました。

防水シート
外壁の防水シートは湿気は通して水は止める特殊なシートを使用しています。
この防水シートを貼る事で家の中に水が入る心配はなくなりました。

軒天板貼り
その後、軒天(軒裏天井)部分に板貼りを行っています。
この天井板を貼る前に外壁からの通気を天井裏に入れる為の隙間を空けています。
さらに写真の黒く見える部分には空気が通るように特殊な換気部材を取り付けています。
こうすることで壁や天井裏に空気を入れたり、排出したりすることができます。

壁断熱材
内部では断熱材の施工を行っています。
壁には柱の間に隙間なく密度の高い断熱材を入れています。
グラスウールでも密度や繊維の大きさで性能が異なりますが、性能の高いものは何も留めていなくてもこのように自立してずり落ちることもありません。
また、隙間なく丁寧に施工を行うことで初めて100%性能が発揮されますので、大工さんの施工がとても重要です。

気密シート
断熱材を施工した後、さらに防湿気密シートを貼っています。
この防湿気密シートを貼る事で確実に気密を行い、壁の中に湿気が入るのを防ぐことができます。
ここでも丁寧な施工が必要で、それによって気密性能が変わります。
気密性が低いと外の冷えた空気が入ってきたり、中の暖まった空気が出て行ってしまい、断熱性も大きく下がります。
それだけでなく、24時間換気が効果を発揮しなくなる為、気密施工はとても重要です。

大工さんは断熱・気密施工が終わると床のフローリングを貼る予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする