板貼りの浴室

加古川市のMa様邸では浴室の板貼りが終わりました。

浴室の板貼り
お風呂はハーフユニットバスを採用していますが、腰から上の部分は自由に仕上げを選べます。
Ma様ではサワラの板(赤身が多い部分)を使用していますが、サワラは水に強く、匂いも優しくて良い香りがします。
その上に事前に特殊な塗装を施し、腐りにくい処理を行いました。

このハーフユニットバスは大工さんにとって、苦労した仕上げの一つだったようですが、仕上がってみるとやはり良いです。
さらに浴槽から見える庭の緑も見えるように計画している為、見どころ満点の浴室になりました。

天井板貼り
畳リビングの天井にはタモの単板が貼られた板を貼っています。
薄い単板の為、傷には弱いので壁では使えないですが、天井は傷つける心配もなく、コストを抑えながら美しい仕上げが実現できます。
写真ではわかりにくいですが、実際に見るとその質感を実感できると思います。

壁紙下地処理
大工さんの作業もひとまず終わり、内装工事が始まりました。
木部の塗装を行った後、クロス屋さんが下地処理を行っています。
ボードなどの下地の目地や不陸調整をパテを塗ったり、サンドペーパーで削って平滑にしてから壁紙を貼ります。

何度も処理を行ったり、紙クロスと言うデリケートな素材を使う為、ビニルクロスに比べると少し時間は掛かりますが、職人さんが丁寧に作業を進めていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする