外壁下地工事

加古川市のMa様邸では外壁の下地工事が進んでいます。

防水シート
先週の台風が来る前に外壁の防水シートを貼り終えることができ、雨の心配もなくなりました。

通気胴縁
防水シートの上から通気胴縁と言う木の桟を取り付けています。
この桟の間を下から入った空気が屋根裏まで達して、軒や屋根の頂上部から外に出ていきます。
その時に室内からの湿気も一緒に排出されます。

軒天板貼り
庇や屋根の軒裏には羽目板を貼っています。
存在感のある節入りのものですが、塗装をすることで落ち着いた雰囲気に仕上がります。

天井下地
室内では天井下地を組んでいますが、電気屋さんが電気の配線を行い、設備屋さんが給水や排水の配管を行っています。

外部では今週末にラス(金網)を貼っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする