木製サッシと樹脂サッシ

夏季休暇も終わり、今日から業務開始ですと言いたいところですが、今年は休暇前からの予告通りと言うか予定通り、ほとんど休みなく仕事に励んでいます。
特に西宮市の現場では職人さん達ができる作業を行ってくれていた為、昨日も現場の確認や打合せを行っていました。
それでも世間のお休みのおかげで、事務所での仕事も何時になく、はかどったのを考えると普段どれほど仕事の手を止めているかがわかり、いろんな意味で良い経験ができました。

加古川市のMa様邸の作業はお盆は休みで、今日から作業再開です。

木製サッシ
外壁の下地板を貼り終えて、窓の取付けを行っています。
道路面には北欧製のトリプルガラスが入った木製サッシを使用しています。
この窓は縦に170度回転する為、室内からでも外側のガラスが拭くことができ、メンテナンスも室内から行うことができます。
また、非常に寒い北欧で使われるほど、超高性能なサッシですので、暑さや寒さ対策にも万全です。
さらには木の温かみのある質感が人気の理由でもあります。

樹脂サッシ
こちらはコーナー窓に使用している樹脂サッシです。
樹脂も断熱性能は高く、結露なども起こりにくい為、オーブルホームでは標準的に採用している窓です。
このようにコーナーに配置することで空間のアクセントにもなります。

構造金物取付け
大工さんは構造金物の取付けも行っています。
構造金物はその名の通り、構造的に重要な役割を果たす金物ですが、柱と梁や筋違いと言った構造材を緊結する為に用いられます。

構造金物
この中にもたくさんの構造金物がありますが、数百にも及ぶ金物を大工さんは間違いの無いように図面を確認しながら、取り付けています。

それを来週には検査で確認をして頂く予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする