ステンドグラス埋め込み

西宮市のSR様邸では大工さんの造作工事があと少しとなりました。

ステンドグラス埋め込み
玄関に少し小さいアンティークのステンドグラスを壁の中に入れています。
独特の模様があるガラスは向こう側がぼんやりとわかる程度で光を通してくれます。
事務所の打合せ室に使用しているステンドグラスを見られて、気に入って頂くことも多いのですが、アンティークになると大きさや状態が良いものはなかなかありません。
特に色の入っていないガラスは希少で大きさも難しい為、良さそうなものを見つけると事前に購入して、ご提案することが多いです。
SR様邸でもちょうど良いサイズのステンドグラスを提案させて頂いてご採用頂きました。
壁の漆喰が仕上がると馴染んで、壁に埋め込まれた感じになります。

アール壁
こちらはダイニング横に設けたアールの木枠壁になります。
この木枠に装飾があり、高級感もあって(実際にそれなりに掛かりますが)独特のアクセントとなります。
実物をご覧頂いた方にはかなり好評です。

手洗いカウンター
2階にも手洗いカウンターを造作しています。
洗面ボウルは置き型のタイプですが、掃除の時やご家族が多いご家庭では朝の重なる時間や歯磨きなどでご希望されることがあり、コストやデザインなどを考えてシンプルなものをご提案しています。


外部では2回目のモルタル塗りを行いました。
白っぽく見える部分はグラスファイバーメッシュですが、コテで押えて、さらに表面にシゴキを呼ばれる薄塗り材を施工して、下地が完成します。

その後、養生期間を空けてから仕上げを行います。
内部でも来週には大工さんの作業も終わり、内装工事が始まる予定です。

お盆の間も職人さん達は少し作業を行ってくれるそうなので、ゆっくりと休んでいる暇はなさそうですが、一応は明日からお休みさせて頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする