加古川市Ma様邸棟上げ

今日は加古川市のMa様邸で棟上げを行いました。

棟上げ1
朝、1階の柱を立てるところから作業がスタートして、2階の床梁を柱の上に載せて組んでいきます。

棟上げ2
そして、梁を金物で緊結して、しっかりと固めていきます。
この作業を10cmちょっとの梁の上で行うのは慣れた大工さん達だからこそできることです。
金物を付け終わると2階の床下地板を貼り、2階の柱を立てていきます。

棟上げ3
その上から小屋梁と言う、2階の天井と屋根部分を支える骨組みを組んでいきます。
この時点でほぼ屋根の高さですが、大工さん達は平然と作業を行っていきます。

棟上げ4
そして、昼には棟木も納まりました。
家の最も高い位置に横たわる木を棟木と言いますが、これを納める事を棟上げと呼んでいます。

棟上げ5
現場ではさらに作業を進めて、屋根の下地となる骨組みを組んでいきますが、この下地の木を垂木と呼びます。

棟上げ6
垂木の上から下地板を貼っていきます。
この板を野地板と言いますが、その上に防水シートを屋根屋さんが貼って、今日の作業は完了です。
これで、屋根からの雨の心配はなくなったので、壁に養生シートを貼って、大工さんの作業も終了です。

棟上げ7
かなり暑いことを覚悟していましたが、朝は思った以上に涼しく、また風が熱くないのと比較的、雲もあったおかげで作業はしやすかったそうです。
大工さんが『助かった』と言っていたのが印象的でした。
それでも、動くには暑い中、本当によく頑張ってくれました。

Ma様には朝から足を運んで頂き、冷たい飲み物などをご用意くださいまして、ありがとうございました。
上棟、おめでとうございます!

これからは徐々にですが、現場の様子も変化していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする