加古川市Ma様邸土台敷き

加古川市のMa様邸では土台を敷き終えました。

気密パッキン
基礎断熱の為、外周部には気密パッキンを内部には基礎パッキンという土台と基礎の間に入れる部材を施工しています。

土台敷き
その上から土台を敷いて、アンカーボルトという基礎と土台を緊結するための金物を留めて、その間を大引きと呼ばれる材でつないでいきます。
土台には国産桧を使用している為、アンカー用の穴を開けると良い香りが漂います。

床下地板
その上から床下地板を貼っていき、足場をしっかりと作っています。

その後、基礎全体を覆うようにシートで養生しています。
さらに上棟時に使う柱や梁などの木材などを搬入したあと、外部の足場を組んで、上棟準備は完了です。

今のところ、上棟日の天気は心配なさそうですが、暑さとの闘いになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする