オークフローリングと下地

西宮市のSR様邸では床のオークフローリングも貼り終わりました。

オークフローリング
幅の広い3層フローリングを使用していますが、伸び縮みが少なく、反りも出にくいのが特徴です。
無垢材の良さがありながら、欠点も少ない為、現在最も採用される方が多い床材になります。


断熱材と気密シートの施工が終わった壁や天井には石膏ボードを貼っています。
このボードの貼り方によって、仕上がった後に割れの出やすさ等に影響がある為、その辺りも気をつけて貼ってもらっています。


壁の下地部分については後で家具や棚をつける部分をこの段階で、補強しておく必要があります。
また、仕上げの位置を確認しながらボードの種類を貼り分ける為に寸法の打合せなども大工さんと行っています。
地味な作業ですが、仕上がった後では修正が難しい大事な作業でもあります。


外部では1回目のモルタル塗りも終わり、現在養生を行っています。
外部の作業で特に台風の影響はないのですが、台風対策を行いつつ、無事に通り過ぎてくれることを祈るばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする