断熱材の施工

西宮市のSR様邸では内部で断熱材の施工を行っています。

グラスウール断熱
壁の中で柱間に充填している断熱材は高性能グラスウールの中でもより性能が高いものになります。
隙間なくぎっしりと詰めることでしっかりと断熱してくれます。

気密シート
断熱材を施工した後は気密シートを貼っていきます。
こうすることで、空気と湿気の行き来がなくなり、断熱が効きます。
断熱がいくら良いものを使っていても気密がとれていなければ、熱が逃げまくります。
魔法瓶の蓋を開けておくと熱いお湯が冷えたり、冷たい水が温くなるのと同じようなものです。

そんな気密した家は息苦しいと言った意見もありますが、そんなことにはなりません。
空気を計画的に入れ替える為に24時間換気を行いますが、この換気も気密性能が低いと計画通りに換気が行えず、空気も澱んでしまいます。

快適さや省エネを捨てて、冷暖房が効かないのに光熱費が高い家に住みたい方は気密をしない家にしても良いと思いますが・・
イメージや何となくで判断すると後でひどい後悔をすることになるかもしれません。
そうならない為にも本当の専門家に聞いたり、体感すべきだと思います。

ちなみに現場では気密施工の途中段階でも、すでに2階の温度は下がり、大工さんも暑さがマシになったと言ってました。
ある意味、現場で厳しい季節に作業を行う職人さん達が一番、その性能を体感しているのかもしれません。

通気ラス
外部では通気ラス(金網)の施工も終わりました。
特殊な形状と加工が施されたラスは十分な耐久性と強度を保持しています。
明日にはこの上からモルタルを施工していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする