目隠し板塀

IY様邸では外構工事もほぼ終わりました。
2015022518205131935.jpg2015022518210231816.jpg











アプローチにはアンティークレンガを敷き、
外壁と同じ仕上げの門柱も出来上がりました。

また、右の写真は庭の目隠しとして板塀を貼ったところです。
板には鉄木と呼ばれるほど、固いウリンを使用していますので、
無塗装でも耐久性は野ざらし状態で数十年は持つと言われています。

後は最後の掃除とワックス掛けを行い、お引渡しを待つばかりとなりました。


現場は変わりますが、KT様邸では外部の防水シートを貼り終えて
通気胴縁の施工や配線工事を行っています。
2015022518274332255.jpg2015022518290232255.jpg











通気胴縁を施工することで内壁と外壁の間に空気を通すことができ、
壁の中に湿気がこもらないようになります。

右の写真は配線の束ですが、すごい数の線が
家のあちこちに行き渡っています。
1本1本間違いがないように電気屋さんが配線することで
完成時に問題なく電気が使えるようになります。
平行して水道は排水などの設備配管も行っています。

大工さんは引き続き、軒などの外部の作業を進めていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする