ヘリンボーン床貼り

KK様邸では床貼り作業も終わりました。
2014022018342617264.jpg

2014022018345617280.jpg













ダイニングはオークの無垢材で特殊な貼り方を行っています。
斜めに貼り合わせていくこの貼り方をヘリンボーン貼りと言い、
ニシンの骨のカタチに似ていることからそう呼ばれています。
ただ、この貼り方、細くて短い板を1枚1枚貼っていく為、
通常のフローリングよりも数倍手間が掛かります。
大工さんはかなり手こずっていたそうですが、
とても綺麗に貼ってくれていました。
オーブルホームの事務所の打ち合わせ部屋も
ヘリンボーン貼りを行っていますが、
特に最近、ご覧になった方に好評です。
2014022018492317386.jpg


大工さんは壁の下地ボードや
建具枠などの造作作業を行っています。







ここからはどんどん部屋の形が出来上がり、
造作収納や階段など大工さんの腕の見せ所が続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする