引っ越し後1年

今日で事務所兼自宅に引っ越して1年が経ちました。
(晴れてれば、写真を載せようと思っていましたが・・)

1年暮らしてみて、以前の賃貸マンションの環境が悪かったことも
あると思いますが、これほど違うのか?ということを実感しました。

特に暑さや寒さと言った温熱環境は1年、生活してみないとわからないため、
完成見学会では実感して頂くのは難しいのが現状です。
しかし、自分で実際に暮らしてみると違いがよくわかります。

年末・年始は親戚の家に行く機会が多いため、
その時にさらに違いがよくわかります。
数十年前の家では石油ストーブを常につけていても少し寒いくらいでした。
また、数年前のそれなりに断熱された家(中気密)でも暖めている部屋以外は
寒くてドアを開け放すことができない状況でした。

それに対して自宅では吹き抜けで2階とつながっている為、
ドアを開けるとほぼ家全体を暖房するのにエアコン1台を
朝晩だけ運転すれば、寒くない程度(18℃以上)には保てます。
夏も2階ホールのエアコンを1台使うだけで
暑くない程度(28℃以下)に保てました。

しかもそれを実現するのに電気使用量を
かなり抑えることができます。
太陽光発電の効果もあるので、単純に比較できませんが、
電気料金はまだ1万円を超えたことはありません。
(これについては後日、1年分をまとめて掲載してみます。)

自分で体感できたことでお客さんにお薦めするのにも
より説得力ができると思います。
また、生活する上でこんなことに注意すると
より快適で省エネな暮らしができることがわかってきました。
そんなことも施主様にはお伝えできればと思います。

これからますますエネルギーの問題はクローズアップされてくると思います。
そんな中、快適さを得つつ、省エネに暮らせる家づくりを
さらに追求していきたいと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする