古材風化粧梁

M様邸では内部の工事がほとんど終わり、
外構工事を進めています。201111171612525506.jpg



駐車場部分との段差ができるため、
擁壁用ブロックを施工しています。






アンティークレンガや漆喰の門柱など
オーブルホームではお馴染みの仕上げを行う予定です。
M様邸の完成内覧会の受付けを行っていますので、
ご興味のある方はお早目にお申込み下さい。

また、HT様邸でも工事が順調に進んでいます。201111171620176656.jpg2011111716203025071.jpg















外部ではラス下地板の上に防水シートを貼った後、
ラス貼り(金網)を貼っています。
さらにその上から1回目のモルタル塗りまで終えました。

2011111716233627480.jpg201111171623495507.jpg










内部では床フローリングを施工がほぼ終わりました。
HT様邸ではクルミ材を使用しており、
大工さんが1枚1枚施工してくれています。

1階のLDには化粧梁を構造材の下に取り付けています。(右写真)
この化粧梁は古材のような雰囲気がありますが、
実は新しい杉材にエイジング加工して作られたものです。
現場で加工すると、どうしても粗くなってしまい
『加工しました』という感じなのですが、
この仕上げは馴染んだ感じに仕上がっていて
思った以上かもしれません。
完成すれば、これが良い感じのアクセントになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする