漆喰塗り

OJ様邸では内部の漆喰塗りが進んでいます。2011050214332620198.jpg
2011050214280019688.jpg










OJ様邸では外部よりも内部を先行して漆喰塗りの
作業が行われています。

オーブルホームではお馴染みのオーストリア漆喰ですが、
その施工にはかなり手間がかかります。

まず、ボードの継ぎ目に割れ止めのメッシュテープを貼り、
全面を下塗り材でムラなく塗っていきます。
そして、漆喰を一人が塗りつけた後、もう一人が追っかけながら塗っていき、
さらにその後、タイミングを見てコテで抑えていきます。
ですので、左官屋さんの手が4回入っていることになります。

それでも、熟練の職人さんたちばかりですので、
見ていると難なく作業をしているように見えます。
自分でやってみると1回塗るのだけでも
かなり難しく時間が掛かってしまうので、
職人さんの作業を見る度に思わず見入ってしまいます。

現場は変わってWH様邸では基礎の立上がりコンクリートの施工が終わりました。2011050214423222164.jpg











現在、養生期間中です。
弊社ではコンクリートの型枠は最低でも3日間は
外さないように指示しています。
というのも、コンクリートは徐々に固まるため、
すぐに外してしまうと出来上がりの強度に
悪影響を与えてしまうためです。

もちろん型枠を外した後もしっかりと養生期間を設けて、
次の作業である土台敷きなどの上棟準備を行っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする