西宮市SR様邸中間検査

西宮市のSR様邸では中間検査と瑕疵保険の構造検査がありました。

瑕疵保険検査
第三者による中間検査と瑕疵保険の検査を実施して頂くことで客観的な審査を受けることができます。
中間検査では主に法律的なチェックを、瑕疵保険の検査では構造的に重要な部分や防水についての検査を行って頂きました。


このように構造的に重要な金物を一つ一つチェックして頂いていますが、その数は数百におよびます。
下地の桟などを取り付けている為、確認に時間も掛かりましたが、隠れてしまうとわからなくなる為、念入りにチェックして頂きました。

検査では金物を取り付ける場所のことで1ヵ所指摘がありましたが、その場で修正して無事、合格を頂きました。

樹脂サッシ
大工さんの作業は構造金物などの作業の後、樹脂サッシの取付けも終わりました。
窓には当たり前のように、高性能な樹脂サッシを使用していますが、まだ一般的にはアルミ樹脂の複合サッシやさらに性能が低いアルミサッシが使われているところが多いようです。
窓は簡単に交換することができない為、出来る限り高性能なものを選択することが大事だと考えている為、樹脂サッシや木製サッシを基本仕様としてお薦めしています。

ガルバリウム屋根
屋根のガルバリウム鋼板葺きも完了しました。
このガルバリウム鋼板にも種類があって、メンテナンス期間が長くなるように塗膜に15年保証のあるものを使用しています。

現場では中間検査の後、防水シートの施工を行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする