西宮市SR様邸棟上げ

今日は西宮市のSR様邸で棟上げを行いました。

土台敷き
先週には土台敷きと床下地が完了していました。
今週に入り天気が悪い日が多く、棟上げも延期を余儀なくされましたが、今日は良い天気の中、作業を行うことができました。

棟上げ1
今朝、1階の柱から立て始めてから2階の梁材を架けて、2階の床下地板を貼っていきました。

棟上げ2
さらに2階柱を立てて、その上に梁を組んでいます。
大工さん達は梁の上でも平気でカケヤと呼ばれる大きな木づちを振り下ろします。
長年、経験を積んできたからこそできる事で、手際よく組んでいく様は、まさに職人技と言えます。

棟上げ3
そして、昼前には棟木も納まり、垂木と呼ばれる屋根の下地板を支える骨組みまでほぼ終わりました。

棟上げ4
SR様邸ではリビングの天井を少し高くとり、その上部を2階から少し上がった部屋としています。
その為、構造も少し複雑ですが、この中3階とも言える部屋からの眺めは良い感じでした。

棟上げ5
屋根の下地板も貼り終えてから、外壁の下地となる面材をはっていきました。
実はその前に制振テープを施工しています。
制振テープを貼ることで住宅の揺れを軽減させ、繰り返しの揺れに強く、耐久性も抜群の為、長い期間、地震に対して安心な方法になります。
その分、手間も費用も掛かりますが、弊社では耐震等級3を確保した上で補助的に使うことは有効だと考えています。

棟上げ6
その後、屋根屋さんが屋根の防水シートを施工して、屋根からの雨の心配がなくなりました。

棟上げ7
最後は外壁の下地板をほぼ貼り終えて、シートで養生して、今日の作業は終了です。

大工さん達は急激に温度が上がった為、大変だったと思いますが、予定通りの作業を行ってくれました。

SR様、ご上棟おめでとうございます。
あらためて明日、上棟式をさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする