間接照明

神戸市のSi様邸では内部の工事がほぼ終わりました。


オークの床があらわれ、ヘリ無しの畳も納まりました。
畳の間は今のところ、仕切りはなしですが、将来仕切ることもでき、畳スペースから洗面脱衣室に出入りする引き戸を設けることができるような計画としています。

バイブレーション仕上げ
キッチンも造作で収納部分はあえてオープンな計画としています。
棚やキャビネットなどを後で入れることができ、コストも抑えることができました。
ただ天板にはお手入れがしやすいようにシンクと一体型のステンレスのバイブレーション仕上げとしています。

間接照明
コストは抑えながらも上質な空間になる工夫は随所に行っています。
その一つが写真の間接照明です。
木の幕板で照明器具が直接目に入らないようにすることで柔らかい光が空間に広がります。
リビングなどのくつろぎたい場所でよく間接照明をご提案させて頂いていますが、Si様邸では特に勾配天井に沿って綺麗に光が反射する為、光のボリュームも出て、夜はかなり良い雰囲気になりました。

そんなSi様邸でも施主様のご厚意で完成内覧会を開催させて頂きます。

とりあえず6月17日はプレ内覧会として午前中の予定でご見学頂けますので、
ご興味のある方はこの機会にぜひお申込み下さい。
7月1日は通常の完成内覧会を開催させて頂きますので、ご都合の良い日程でお越し頂ければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする