タモの木製ハイドア

神戸市のSi様邸では内装工事が進んでいます。


木部のオイル塗装を塗装屋さんが行っています。
体に害のない植物からとれるオイルが主成分の塗料を使い、無垢材に塗装することで木目がはっきりして、木の本来持つ色合いを引き出してくれます。

オーク幅ハギ材
キッチン前のカウンターにはオークの幅ハギ材を使用しています。
こうやって見ると一枚板に見えますが、幅の広い板を横方向に継いでいます。
一般的には集成材と呼ばれる小さな木片を縦にも横にも継いだ板材が使われることが多いですが、オーブルホームでは特によく見えるカウンターや造作収納の天板に幅ハギ材を使うことが多いです。
そうすることで、より上質な仕上がりになり、高級感が出ることと大事にしようと思って頂けるのではと考えています。


タモ木製ハイドア
また弊社では建具(ドアや引き戸)には木製のものを使用していますが、通常は2メートルほどの高さのものを使います。
Si様邸では天井までの高さがあるハイドアで樹種もタモ材を使ったものです。
天井まで開くことでより上質で開放的な仕上がりになります。

今日からはクロス屋さんがクロスの下地処理を行い、引き続きクロスを貼る予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする