西宮市US様邸着工から配筋検査

西宮市のUS様邸では先日から基礎工事が始まりました。


まずは建物の部分を全体に掘り下げていき、余分な土を搬出していきます。
特に建物外周部は補強の意味で、他の部分よりも深いコンクリート基礎になるので、それに合わせて掘っていき、その後、砕石を敷き詰めています。
締固めをしっかりと行った後、防湿シートを敷いて、その上から捨てコンクリートと呼ばれるコンクリートを薄く施工します。
これは上に並べる鉄筋の位置や枠の正確な位置を出して留める為に必要なものになります。



そして、図面をもとに鉄筋を組んでいき、完了した時点で配筋検査を受けました。
第三者による瑕疵保険の検査ですが、特に問題もなく合格です。
もちろん、私も一通りチェックを行い、問題がないことを確認しています。

この後、土間部分のコンクリートを施工していき、養生した後、連休明けには立ち上がり部分のコンクリート施工を行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする