外壁板材塗装

神戸市のSi様邸では外壁の防水シートが貼り終わり、通気胴縁も施工しました。


水のように大きな粒子は通さないのですが、湿気は通す特殊なシートを貼っています。


防水シートの上から通気胴縁という、空気を通す為の桟を取り付けています。
この桟は裏側に溝が等間隔で掘られている特殊なもので、空気が上に流れていくように工夫がしてあります。
ある一定の間隔で隙間も設けることで下から入った空気が暖められて上昇気流がおき、屋根裏の空間を通じて棟の部分に設けた換気部材から排出される構造になっています。

外壁板材塗装
この通気胴縁の上から貼る予定の板材はすでに現場に入っていて、塗装屋さんが塗装を行いました。
貼る前に裏面やサネ部分も塗ることで反りが出にくくなり、耐久性や美観面もよくなります。
塗料がたくさん必要になり、手間も掛かりますが、将来的なことを考えるを大事な作業です。

外壁材塗装
塗り終えた後、乾かせてから貼っていきます。
切った部分や小口部分は貼る前に塗装を行うことで、継ぎ目部分も色が同じになります。

軒天の施工を終えた後、いよいよ外壁の板貼りを行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする