内装工事の職人さん達

播磨町のMi様邸では大工さんの造作工事もほぼ終わり、内装工事を行っています。

木部塗装
まずは塗装屋さんが木部の塗装を行いました。
窓枠やドア枠、幅木や廻り縁といった縁取り部分の仕上げを無垢材で施工している為、表面の仕上げとして塗装を行います。
この塗装を行うことでシートを貼ったものとは違う質感が生まれ、空間を彩ります。
写真は勾配天井の板貼り部分ですが、木目の雰囲気が残る範囲で完成した空間のイメージをしながら、白い塗装を行っています。

パテ処理
その後、クロス屋さんが壁紙の下地としてパテ処理を行っています。
このパテ処理は3度、行うことで表面の紙クロスの仕上がりが見違えるようになります。
分厚いビニルクロスとは違い、下地の差が出やすい為、クロス屋さんの腕の差が出やすい為、ローコストに慣れた職人さんではまず難しい施工です。

外壁塗り仕上げ
外部では左官屋さんが塗り壁仕上げを行いました。
いつも通り、熟練の職人さんが丁寧に塗っていますが、材料が変わり、かなり難しかったようです。
それでも平滑に綺麗に仕上げていく様子はさすがです。

この後、雨樋の施工などを行い、いよいよ足場の撤去を行います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする