勾配天井の板貼り

播磨町のMi様邸では外壁のモルタル下地が塗り終わりました。


モルタルの2回目を塗り付けた後、、写真ではわかりにくいですが、グラスファイバーメッシュを伏せこむことでクラック(ひび割れ)を抑えます。
さらに上からシゴキ材と呼ばれる薄塗り材を塗っていくことで表面の不陸(凸凹)を目立たないようにしていきます。
これから、さらに養生期間を空けて仕上げ塗りを行う予定です。


内部では大工さんが天井の下地や壁の下地のボードなどを施工しています。
下地の作業などで地味ですが、収納や棚の下地を仕込んだり、ボードの継ぎ目をずらしたりと仕上がりに大きな影響が出る作業を進めています。

勾配天井板貼り
大きめのスペースを設けた玄関土間の勾配天井には板貼りを行っています。
この上から塗装を施すことでイメージが変わり、一体感のある空間になります。

これから大工さんは階段や造作収納などの造作工事が大詰めを迎えますので、細かい打合せを重ねながら、進めてもらっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする