オークフローリング

播磨町のMi様邸では気密シートとフローリングの施工も終わりました。

気密シート
隙間なく断熱材を入れた後、気密シートを貼っていますが、この気密シートも種類がある為、厚みがしっかりしていて耐久性の高い物を選んでいます。
ここでしっかりと気密を取ることで、壁の中での結露や隙間風のような熱ロスを抑えることができます。

オークフローリング
床にはオークのフローリングを貼っています。
色ムラと節が少なく、質の良い幅広のオーク材を使用している為、大きな空間に使うとより上質な印象になります。

長さの違うフローリングを1枚1枚、大工さんが貼っていく為、一般的に使われている合板フロアなどに比べると非常に手間が掛かります。

オークパーケットフロア
こちらは玄関ホールに使っているオークのパーケットフローリングです。
里山住宅博のモデルハウスをご覧頂き、非常に気に入って頂いて、家のどこかに使いたいと言うご要望がありました。
施工の手間などコストも掛かる為、ポイントとして玄関ホールに貼ることになりました。

ひと昔前の合板タイプの表面に薄い板を貼った物とは違い、無垢材の為、表面が剥がれてくることはありません。
1枚1枚に木の表情があり、上質な雰囲気が漂います。

床はすでに養生している為、見ることができませんが、仕上がった後、養生を外すのが楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする