透湿防水シート

播磨町のMi様邸では外壁の防水シートの施工が終わりました。

透湿防水シート
この防水シートは透湿防水シートと呼ばれ、特殊なシートになっていて、水などの大きな粒子は通しませんが、湿気などの小さな粒子を通します。
その為、外からの雨水などの浸入を防ぎ、壁の内部の湿気を外に逃がす役割を果たします。
防水シートを貼り終えたことで、建物の中に雨水が入る心配もなくなりました。

この透湿防水シートの上から通気胴縁と呼ばれる木の桟を施工することでその間を空気が通り、屋根裏空間に運ばれていきます。
最終的には屋根の一番高い棟部分から湿った空気を排出する構造になっています。

天井下地
内部では大工さんが天井下地の作業を行っています。

この天井下地の上や壁に電気の配線工事を行っていきます。
出来上がれば見えなくなる部分ですが、今しかできない大事な作業を進めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする