壁紙と塗装

姫路市のK様邸では壁紙も貼り終わり、塗装を行っています。


まずは壁紙を貼る前に石膏ボードの継ぎ目やビスにパテ処理を行って、平滑な面を作ります。
このパテ処理にはパテを埋めて、サンドペーパーでこする作業を3度繰り返します。
この作業の良し悪しで表面の仕上がりに大きな差が生まれる為、職人さんの腕の差がよくわかる部分でもあります。

壁紙貼り
その上から紙クロスを貼っていますが、ビニルクロスと違って下地の影響を受けやすく、貼るのにも技術がいります。

その上から塗装をすることで汚れにも強く、独特の質感が生まれます。
ボードの上から直接、塗装する方法もありますが、どうしてもひび割れが出やすい為、将来的な事も考えると紙クロスを貼る方が安心です。
さらに紙クロスの上から何度も塗装を重ねることができる為、部屋の模様替えができ、1面だけ色を変える事も可能です。
貼り替える必要がない為、ゴミも出ないことも特徴と言えます。

外壁塗り壁
外部では左官屋さんの塗り壁の作業も終わりました。
雨樋も施工を行い、来週には足場も外れる予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする