畳下収納とオーダーキッチン

姫路市のK様邸ではオーダーキッチンの施工が終わりました。

オーダーキッチン
キッチンの扉には節のあるオークの板を使用しています。
既製品にはない独特の木の雰囲気があり、里山住宅博のモデルハウスでもとても人気のオーダーキッチンです。
クリア塗装を行うことで深みのある色合いになり、床のオークフローリングと一体的な空間となります。
キッチンのカウンターをダイニング側にまで伸ばし、さらにキッチンの横に電子レンジや炊飯器などの家電品を隠せるようにして、よりすっきりとしたキッチンスペースを計画しています。

畳下収納
リビングとつながる部分には小上がりの畳コーナーを設けています。
小上がりにすることでできた畳下のスペースを利用して引出し収納を造作して納める予定です。
この畳コーナーの高さが腰かけるのにもちょうど良い為、ベンチ代わりに利用することもできます。

現場では大工さんの造作工事も終わり、塗装屋さんが木部の塗装を行いました。
今日からはクロス屋さんが壁紙の下地処理を行っていて、内装工事が本格化しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする