播磨町Mi様邸基礎工事完了

播磨町Mi様邸では基礎工事が完了しました。


土間のコンクリートを施工した後、立上り部分のコンクリートを施工しました。
あまり知られていませんが、このコンクリートには強度があります。
どれだけの強さがあるかと言うことも大事なのですが、コンクリートの強度を高めることで基礎の耐久性が変わる事の方が重要だと私は考えています。
その為に弊社ではコンクリートの強度をフラット35基準よりも高い強度の設計を行っています。

こんな事は一般の方にはわかりませんし、聞かない限り知る方法もありませんが、会社の姿勢が現れる部分だと思います。

また、気温が下がる今の時期には温度補正が必要だという事も知らない現場監督や設計者もいると言うのを聞いて、仕上げや表面だけを重視する会社ではなく、見えない部分にもしっかりと配慮した家づくりを行えるように日々の研鑽が必要だと改めて感じます。


その後、コンクリートが固まるまでしっかりと養生を行っていました。
この養生期間もしっかりと確保することでコンクリートの初期強度が出て、ひび割れなども出にくくなります。


養生も終わり、型枠を外し、外周部の土も戻しました。
この時に基礎外周部にシロアリ対策として薬剤を注入できる配管を行っています。

この後、外部の水道や下水の配管を行い、土台を敷く予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする