造作キッチンと造作洗面台

高砂市のSa様邸では何とか外部の足場が外れました。


天気が悪い日が多く、外部の作業は苦労しましたが、足場がとれて、外観があらわれました。
塗り壁に木の庇がアクセントのシンプルな外観です。

キッチン背面収納
内部では壁・天井の塗装も終わり、造作家具の取付けも行いました。
造作の木製キッチンと合わせて、背面収納も造作家具としています。
この収納の扉は写真では少しわかり難いですが、特殊なオークの板を使っている為、突板とは思えない自然な仕上がりになりました。

造作洗面台
さらに洗面化粧台も木製の造作洗面台とすることで空間に馴染み、雰囲気がでます。

ヨーロッパ漆喰塗り
その後、左官屋さんがヨーロッパ漆喰の塗り壁仕上げを行っています。
目地の下地処理を行い、全面に下塗りを行った後、漆喰を塗っていくので、手間のかかる作業ですが、塗り壁は他にはない風合いが出ます。

来週には照明器具や設備器具の取付けを行い、いよいよ床の養生も外す予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする