通気ラス施工

高砂市Sa様邸では外部の作業が進んでいます。


防水シートの上から通気胴縁と呼ばれる木の桟を取り付けています。
下から入った空気がこの桟の間を通って屋根裏に流れて、湿気と共に屋根の棟部分から排出されます。
その後、軒裏に化粧板を貼り終えました。


通気胴縁の上から通気ラスと呼ばれる金網を貼っています。
非常に防錆性の高く、強い特殊な金網ですので、この上からモルタルを塗ることができます。

内部では水道や排水の配管工事や電気の配線工事もひと通り終えて、大工さんが断熱材の施工を行っています。



高性能グラスウールの中でも密度が高い為、断熱性能が良いのですが、それを壁の間に隙間なく詰めて、丁寧に施工するとこで初めてその性能が発揮されます。
その後、気密シートを施工することで気密性の高い、熱の出入りが少ない家になります。

断熱施工が終われば、床のフローリングを貼っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする